きなりは悪玉コレステロールを下げるって本当?EPA・DHAの効果とは。

きなりは悪玉コレステロールを下げるって本当?EPA・DHAの効果とは。

きなりは悪玉コレステロールを下げるって本当?EPA・DHAの効果とは。

 

DHA・EPAサプリメントの「きなり」を定期的に摂取することによって、LDL(悪玉コレステロール)を下げることができます。
もともとLDLはコレステロールを肝臓から血中や組織へ運ぶという大切は働きがあるものです。
しかし、血管壁に沈着しやすいという欠点があるために、血液中に必要以上のLDLが取り込まれると、内壁が肥厚し、やがて恐ろしい動脈硬化を引き起こす原因となってしまうのです。悪玉コレステロールと呼ばれる所以です。

 

DHA・EPAには、余分な中性脂肪を取り除き、LDLが増えるのを抑える効果があります。
そのため動脈硬化を予防する働きがあるのです。
さらにDHA・EPAには、HDL(善玉コレステロール)を増やす効果もあります。
HDLがなぜ善玉コレステロールと呼ばれるかというと、それは体内の余分なコレステロールを取り除いて肝臓まで運んでいく働きがあるからです。
その際には血管壁に蓄積していた悪玉コレステロールもしっかり取り除いてくれるので、動脈硬化を防ぐ働きが期待できるわけです。
つまり、DHA・EPAには、動脈硬化を防ぐには一石二鳥の効果が期待できるのです。

 

さらに、DHAには血流を良くする効果があります。
これは赤血球を健康な柔らかい状態にすることができるからで、血液が流れやすくなることで、やはり高血圧の予防や脳卒中、心筋梗塞や動脈硬化、さらには糖尿病などの予防効果も期待することができるようなります。