DHA EPA 違い

DHAとEPAってどう違うの?

DHA EPA 違い

DHAとEPAは、どちらも体内で作りだすことが出来ない成分です。
DHAは脳に効果的な成分であり、EPAは血液に効果の高い成分となっています。
そのため、DHAは脳を健康にしてくれますし、EPAは血液を健康にしてくれます。

 

DHAとEPAはどちらもダイエットに効果が期待できますが、その効果には違いがありますので、自分にあっているものを選んで利用するとよいです。
DHAの場合には、脂肪を脂肪酸に分解してくれる脂肪分解酵素であるリパーゼを活性化してくれます。
DHAを摂るだけで痩せるわけではありませんが、中性脂肪を減らしてダイエットのサポートの役割を果たしてくれます。

 

EPAを摂ることによって痩せるホルモンといわれているGLP-1の放出を増やす効果が期待できます。
GLP-1によって食欲が抑制されたり、胃の消化スピードがゆっくりになって満腹の状態を長く持続することができたり、血糖値を安定させたりする効果が期待できます。
そのため、食欲を我慢するのが難しい方に向いています。
他にも脂肪の燃焼をしやすい体質に変えてくれたり、エクササイズの効果を高めるなどの働きが期待できます。

 

DHAとEPAの違いがありますので、中性脂肪に問題がある方と、血糖値に問題がある方では向いているものが違ってきます。
しかし、違いがあるといっても、どちらも健康に良いですから、両方摂ることができるのであれば、そのほうが健康的なダイエットが期待できます。

 

>>DHA/EPAサプリならきなり