高血圧になると何が怖いのでしょうか?

高血圧の本当の怖い話し

高血圧になると何が怖いのでしょうか?

高血圧になってしまうと何が怖いのでしょうか?
高血圧の状態というのは、全身の血管、心臓、腎臓などに多大な負担がかかっている状態です。
そのため、血管はどんどん硬くなっていってしまいます。
これを動脈硬化といいます。
動脈硬化が進んでいってしまうと、ある日突然、血管がつまってしまい脳梗塞や心筋梗塞が発症してしまいます。
脳内の血管が詰まるのが脳梗塞、冠状動脈が詰まるのが心筋梗塞です。
脳梗塞や心筋梗塞というのは治療が遅れると命の危険性もある非常に怖い病気です。
高血圧は心臓にも負担がかかっている状態なので心臓の機能にも影響していきます。
心臓の機能低下がすすむと心不全となり、心不全も命の危険がある怖い病気です。
また、高血圧は腎臓にも負担をかけます。
毛細血管の塊である糸球体に圧力がかかり続けると、糸球体の機能が傷害され腎臓の機能低下につながります。
腎臓の機能低下がすすむと腎不全となり、人工透析が必要となります。
高血圧は命の危険につながる病気や、QOLの著しい低下につながります。血圧をしっかりと管理していくことが大事ですね。