血圧とは

血圧ってそもそも何?高血圧だとなんで健康に悪いの?

血圧とは

 

高血圧とは収縮期血圧が140mmHg以上、または拡張期血圧が90mmHg以上の状態を言います。
収縮期血圧、拡張期血圧とは、それぞれ上の方の血圧、下の方の血圧という言い方もします。
血圧には上の値と下の値の二つの数値が存在します。
心臓は常に収縮したり拡張したりして拍動しているわけですが、心臓が収縮したときの血圧が収縮期血圧、拡張したときの血圧が拡張期血圧という訳です。
心臓が収縮した状態というのは血液を全身に送り込んでいる状態なわけですから血圧は高くなります。
一方、心臓が拡張した状態というのは、全身から血液を引き込んでいる状態なので血圧は低くなるというわけです。

 

いまいち良く分からないという人もいるかもしれませんが、血圧というのはそもそも血管にかかる血液の圧力のことです。
血管に血液がいっぱい流れ込めば血圧は高くなるし、逆に血液量が少なくなれば血圧は低くなります。
風船に息をいっぱい吹き込めば風船はパンパンに膨らんで圧力は高くなるし、逆に風船から空気を抜けば風船はしぼんで圧力は低くなります。
血圧というのもそれと同じで、心臓が収縮して血液を全身の血管にいっぱい流し込めば血圧は高くなるし、逆に拡張して血管に流し込む血液の量を少なくすれば血圧は低くなるということです。
この血圧が通常よりも高くなってしまった状態のことを高血圧といいます。
高血圧の何が問題かというと、さまざまな病気を引き起こしてしまうことが問題になります。
脳卒中、心筋梗塞など、命にかかわる怖い病気の引き金になってしまうので、血圧が高くなってしまわないように注意する必要があります。

 

>>高血圧サプリならきなりがおすすめ