高血圧に効果のある薬はどんなものがあるの?

高血圧の薬ってどんなものがあるの?

高血圧に効果のある薬はどんなものがあるの?

 

高血圧を防ぐには生活習慣の改善が一番といっても、ほとんどの人は出来ません。
そもそも生活習慣が乱れているから高血圧になるのであって、そもそもきちんとした生活習慣が出来る人は高血圧にはなりにくいのです。
生活習慣の改善が難しい場合には薬をつかって高血圧を治療することになります。
高血圧の薬には実にいろいろな種類のものがあります。
いろいろな種類の降圧剤がありますが、いずれの薬も血液の量を少なくするか、末梢血管を拡張させるか、どちらかの作用によるものとなります。
血圧というのは血管にかかる圧力のことなので、血管を流れる血液の量が増えれば血圧は高くなるし、血管が収縮しても血圧は高くなるというわけです。
血液の量を少なくする薬としては利尿薬や、心臓の働きを弱めるβブロッカーなどがあります。
末梢血管を拡張させる薬としてはカルシウムブロッカーやαブロッカーなどがあります。
他にも、両方の作用も持っているレニン・アンジオテンシン系を阻害する薬などがあります。
お医者さんからもらった薬がどういうメカニズムで血圧を下げるのか理解しておくとよいかもしれません。薬には思わぬ副作用があるので、使うときはお医者さん、薬剤師さんの指示をきちんと守ることが大事です。
サプリメントなどと併用すると、思わぬ相互作用によって危険な状態になることもあるので気をつけましょう。
不安な人はかならず服用前に薬剤師さんに相談するとよいです。