きなりはいつ飲むのがベスト?血圧、中性脂肪に効果的な飲み方とは。

きなりはいつ飲むのがベスト?血圧、中性脂肪に効果的な飲み方とは。

きなりはいつ飲むのがベスト?血圧、中性脂肪に効果的な飲み方とは。

 

DHAサプリとして評判のよいものに、きなりがあります。
1日あたりの摂取量は、4粒で、これによってDHAが450mg、EPAが50mg摂取出来るとされています。

 

きなりをいつ飲むのがよいのかについては、特に説明されていません。
したがって、飲める時期に飲めばよいことになるのですが、血圧や中性脂肪に効果的な飲み方を意識する場合には、食後に飲むことがベストです。食事と食事の間の空腹時には、なるべく飲まないようにします。
食事をした際の消化や吸収が悪くなることがあります。

 

DHAは、水には溶けずに脂分に溶けます。
したがって、脂分のある食事をとった後に飲むと、最適です。
脂分とは、油を多く使った揚げ物や炒め物等だけではありません。
牛乳等にも脂分が含まれています。したがって、牛乳だけを飲んだ後にきなりを飲んでも、血圧や中性脂肪に効果的な飲み方となります。
こういったことを覚えておくと、きなりの効果がよくあらわれるようになります。

 

また、飲む際には、水やぬるま湯で飲むようにします。
そのまま飲むよりも、水分とともに飲むことによって、消化や吸収をよくする効果があります。

 

さらに、ある程度、継続して毎日続けることも必要なこととなります。
食後に毎日必要な摂取量を飲み続けて、しばらく様子を見るようにします。
体調がよくなる場合には、さらに続けて、購入をし、絶えず常備しておくようにすると、頼もしいサプリメントとして切っても切れない関係になります。